フコイダン

良質なフコイダンとまぜもの

投稿日:2007年5月10日 更新日:

良いフコイダンの選び方として、まぜものをしていないことがあげられます。良質のフコイダンの含有率が100%でなけば飲用する意味がありません。現在、国内で20社ほどがフコイダン製品を出しておりますが、中にはフコイダンに混ぜ物をしているメーカーもあります。たとえば、アロエエキス、アガリクスエキス、ウコンエキス、キノコ菌糸エキスなどがあります。どの程度の割合でフコイダンが入っているかは見た目では、まったくわかりません。オレンジジュースのように、オレンジエキスが数%入っていればオレンジジュースになることを考えると恐ろしくなります。また、良いフコイダンの選び方として、フコイダンが身体に吸収されやすいことをあげることができます。フコイダンの構造は、多粘性の多糖類なので、分子の大きさはとても大きくて普通20万をこえる高分子の状態です。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンとまぜもの この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンとまぜもの Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと固形成分

超低分子フコイダンの原料は、皆さんのよく知るモズクです。モズクのヌルヌルした部分にフコイダンが含まれています。フコイダンはもともと液体状の物質であり、粉末状の乾いた成分ではありません。液体と錠剤みたい …

no image

高品質のフコイダン

フコイダンを高品質な製品にするために重要になってくるのポイントはフコイダンそのものの新鮮な原料とフコイダンの有効成分を壊さない加工法です。原料はその産地の環境に大きな影響を受けます。人間の体によくない …

no image

良質なフコイダンと分子の大きさ

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4 …

no image

フコイダンと海藻が育つ環境

海藻の品質は、その海藻が育つ環境によって大きく左右されることはとうぜんですが、フコイダンのおもな原料である海藻類には、海水中の成分を、体内に取り込み濃縮する性質がありますので、海水から取り込んだ成分が …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …