フコイダン

良質なフコイダンと分子の大きさ

投稿日:2007年5月11日 更新日:

通常3000から4000ぐらいの分子の大きさが、人が食べ物を歯で噛み砕いて、胃で溶かし、胃腸で吸収される大きさといわれています。その3000から4000の分子の大きさでさえ腸で吸収されるのは、全体の4から5%でしかありません。残りの95%は便となって排泄されてしまいます。もともと高分子で分子の大きさが20万もあるフコイダンはからだには吸収されないのです。分子の大きさが20万もあるフコイダンを、特殊な技術を使って、なんと分子の大きさが500というものすごく小さな低分子、超低分子に加工しているのです。この超低分子フコイダンは、人間が吸収する分子の大きさの6分の1なので、驚くほどの人体吸収率を誇っています。通常フコイダンの名前で売っている分子の大きさが20万もある高分子のフコイダンとは、明らかに吸収力が違います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと分子の大きさ この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと分子の大きさ Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

良質なフコイダンと硫酸基

フコイダン製品をつくるときには、有害物質は科学的な製造過程でとり除かれますが、そのときにフコイダンの重要な物質である硫酸基までいっしょに外れてしまいます。フコイダンにとって、硫酸基は、とても重要な成分 …

no image

フコイダンの構造

フコイダンの構造は、いくつもの糖が複雑にからみあった多粘性の多糖類です。通常は20万をこえる高分子の状態なので、フコイダンは、分子の大きさが大きいのが特徴になっています。 フコイダンは、おにぎりに例え …

no image

フコイダンとは

フコイダンとは、ワカメやモズク、コンブなどの海藻の表面を覆っているヌルヌル成分のことをいいます。スウェーデンの学者が、1913年に、海藻の葉にある粘膜管から分泌されていることが発見しました。 フコイダ …

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

良質なフコイダンとまぜもの

良いフコイダンの選び方として、まぜものをしていないことがあげられます。良質のフコイダンの含有率が100%でなけば飲用する意味がありません。現在、国内で20社ほどがフコイダン製品を出しておりますが、中に …