フコイダン

良質なフコイダンと固形成分

投稿日:2007年5月12日 更新日:

超低分子フコイダンの原料は、皆さんのよく知るモズクです。モズクのヌルヌルした部分にフコイダンが含まれています。フコイダンはもともと液体状の物質であり、粉末状の乾いた成分ではありません。液体と錠剤みたいな固形成分とでは、人間のからだのなかで吸収される過程がまったく異なっています。錠剤やカプセルのような固形の物質ですと、ぜったいに水や白湯で飲み込むしかありません。そのまま飲み込むのは大変なことになってくるのです。とうぜんお年寄りや病気でからだが弱っている人には、固形状のカプセルや固い錠剤を飲み込むだけでも大変なことなのです。さらに、カプセルや固い錠剤は、口の中や食道ではフコイダンが一切吸収されることなく、直接胃まで運ばれてしまいます。胃の中に入って溶け、胃よりしたの十二指腸からフコイダンがようやく吸収し始めます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 良質なフコイダンと固形成分 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - 良質なフコイダンと固形成分 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-フコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンの純度の判断

フコイダンの純度は、フコイダンに含まれている硫酸基 (りゅうさんき)という物質の結合量 から判断するのが本当です。「硫酸基」とは、硫酸の基になる成分です。 硫酸といえば身体が溶けてしまうイメージを持っ …

no image

良質なフコイダンと超低分子フコイダン

口、食道、胃の噴門では、からだは固形状のカプセルや固い錠剤では、まったくフコイダンにふれることはありません。胃の中で、ようやくフコイダンが接触する程度です。その部位で効かせたい場合、フコイダンの接触で …

no image

フコイダンの区分

フコイダンは、製品化されたものは、加工法によって、高分子フコイダンと低分子フコイダンに区分されます。フコイダンはもともと高分子多糖類に分類されています。 高分子多糖類とは、分子が非常に強く結合して壊れ …

no image

フコイダンの品質

フコイダンにとって、大切な条件が純度と製法です。そして、硫酸基という物質が、どのくらい結合しているといいかということは、これまでの研究で13%以上必要であることが分かってきました。 フコイダンは、科学 …

no image

良質なフコイダンとまぜもの

良いフコイダンの選び方として、まぜものをしていないことがあげられます。良質のフコイダンの含有率が100%でなけば飲用する意味がありません。現在、国内で20社ほどがフコイダン製品を出しておりますが、中に …