シーフコイダン

イトモズクとオキナワモズク

投稿日:2007年5月17日 更新日:

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北で生育するホンダワラ類の先端部について生育しますが、オキナワモズクは海草や藻について生育します。味や歯ごたえ、舌触りなどの食感は、オキナワモズクよりイシモズクや、モズクの方がおいしいように思います。特に、ふつうのモズクに慣れている方にはイシモズクのコリコリした食感は新鮮な驚きだと思います。市場価格でいうと、希少価値の高いイシモズクのほうが値段的には高いようです。フコイダンは、昆布やメカブなどにも含まれていることがわかっていますが、昆布やメカブからフコイダンを取り出すには、アルギン酸のような不純物が混入するため精製するのにたいへんです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - イトモズクとオキナワモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - イトモズクとオキナワモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …

no image

シーフコイダンとフコキサンチン

フコキサンチンというのが、フコイダンとともに注目を集めています。フコキサンチンは、ひじきやワカメ、昆布というような褐藻類にだけ含まれている赤褐色のカロテノイドの一種です。カロテノイドは、ニンジンの黄色 …

no image

シーフコイダンとモズクの分解

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …