シーフコイダン

トンガ王国のモズクとオキナワモズク

投稿日:2007年5月19日 更新日:

研究者は、トンガ王国のモズクをとりよせ調査研究した結果、研究者は驚いてしまいます。日本国内では最高の品質を誇っているオキナワモズクよりも、さらに5から6倍も多くのフコイダンを含んでいるミラクルモズクをトンガ王国で発見してしまいました。トンガ王国のフコイダンは、オキナワモズクのフコイダンとちょっと化学組成が違っていました。その化学組成は、フコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸、硫酸で組成されています。そのうえ硫酸は16.0%、ウロン酸は5.9%と、オキナワモズク産のフコイダンより硫酸が多く含まれていることが分かったのです。フコイダンにとって硫酸は重要なことです。フコイダンが有効に機能するためには13%以上の硫酸を含有していなければいけません。硫酸化多糖類である硫酸化フコースこそがフコイダンの効用の源であるといえます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - トンガ王国のモズクとオキナワモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - トンガ王国のモズクとオキナワモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンと液状フコイダン

固体状のフコイダンよりも、分子量が小さい液体状フコイダンの方が3倍以上吸収しやすいといわれています。また、液体状フコイダンの方が早くからだのなかに吸収されやすいそうです。固体状のフコイダンはどうしても …

no image

フコイダンとモズクに必要な三大条件

研究者たちは、より良質のフコイダンを探すために海外に目を向けました。世界中を調査して、汚染の少ない地域や海水のもっとも汚れていない地域を探しただした結果、南太平洋が選ばれました。そして、南太平洋のなか …

no image

シーフコイダンと低分子フコイダン

低分子フコイダンがなぜいいかというと、からだがフコイダンを消化するためには、分子量が小さくなくてはならないということです。つまり、からだへの吸収力を大幅にアップしたものが超低分子フコイダンであるシーフ …

no image

トンガ王国産モズク

トンガ王国は南太平洋に位置する珊瑚礁の島です。トンガ王国のまわりの海の水は、世界で2番目に深い海溝とであるトンガ海溝から湧き出ています。海洋深層水なので、水質汚染はありませんし、最高に良質なミネラルを …

no image

シーフコイダンの製品化

シーフコイダンの製品化の過程を説明します。まず、ダイバーが海から取ってきたモズクは、すぐに現地で加工されます。それから、新鮮なモズクが日本へと送られます。日本の工場で、フコイダンと呼ばれるモズクエキス …