シーフコイダン

トンガ王国のモズクとオキナワモズク

投稿日:2007年5月19日 更新日:

研究者は、トンガ王国のモズクをとりよせ調査研究した結果、研究者は驚いてしまいます。日本国内では最高の品質を誇っているオキナワモズクよりも、さらに5から6倍も多くのフコイダンを含んでいるミラクルモズクをトンガ王国で発見してしまいました。トンガ王国のフコイダンは、オキナワモズクのフコイダンとちょっと化学組成が違っていました。その化学組成は、フコース、キシロース、ガラクトース、ウロン酸、硫酸で組成されています。そのうえ硫酸は16.0%、ウロン酸は5.9%と、オキナワモズク産のフコイダンより硫酸が多く含まれていることが分かったのです。フコイダンにとって硫酸は重要なことです。フコイダンが有効に機能するためには13%以上の硫酸を含有していなければいけません。硫酸化多糖類である硫酸化フコースこそがフコイダンの効用の源であるといえます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - トンガ王国のモズクとオキナワモズク この記事をクリップ!Livedoorクリップ - トンガ王国のモズクとオキナワモズク Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-シーフコイダン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シーフコイダンとモズクの種類

モズクのフコイダン含有量はどれも同じではありません。沖縄のモズクは他の国内のモズクに比べて4倍も多くフコイダンが含まれています。沖縄を中心に取れる沖縄モズクが、日本国内におけるモズクの約9割を占めてい …

no image

液体状のフコイダンと固体状のフコイダン

フコイダン製品の形状は、液体だけでなく粉末のものやカプセルに入ったものや錠剤になったものなど、いろいろな種類があります。たとえば、錠剤など固体状のフコイダンは持ち運びに大変便利です。また、一度開封して …

no image

シーフコイダンとモズクの分解

モズクを食べれば、シーフコイダンを飲む必要ないと思われている方も多いようです。抽出したフコイダンを飲むのではなく、もずくを食事でとればいいと思われる方もいます。たとえば沖縄モズクは、日本国内で食用の生 …

no image

シーフコイダンとモズク

スーパーに置いてある、お馴染みのモズクは、強いヌメリがあります。酢の物に料理すると、ほのかな磯の香りがただよいます。モズクはなめらかな舌ざわりがここちよいのが特徴です。酢味噌や辛子味噌で食べてもおいし …

no image

イトモズクとオキナワモズク

オキナワモズクが、国内流通の90%以上になっています。不思議なことに、分類学的にはイトモズクとオキナワモズクは同じ種類のものとされています。違いは生態的特長に違いがありますが、イトモズクは、九州より北 …