がんの効果

フコイダンとアポトーシス誘導作用

投稿日:2007年5月24日 更新日:

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、新しい細胞と入れ替わっていきます。古い細胞と新しい細胞の生まれ変わりの新陳代謝のことをアポトーシスといいます。がん細胞は異常な細胞ですので、本来ならば消えていく細胞なのですが、自滅せずにどんどん増殖して、身体のあちらこちらを蝕んでいきます。要するに、がん細胞はアポトーシスを起こしません。どんどん繁殖していきます。ひどいときには自分で血管を作って転移していきます。フコイダンの効果で、がん細胞がアポトーシス作用を起こすのでしたら、がん細胞が自滅するのですから、次は正常細胞に生まれ変わっていきます。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス誘導作用 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス誘導作用 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンとがん細胞

フコイダンとがん細胞の関係は、1996年に開催された、第55回日本癌学会総会で、フコイダンは、免疫力を高めますが、それだけでなく、がん細胞などの異常細胞に直接作用して、がん細胞を自滅に追い込む、いわゆ …

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとアポトーシス作用実例

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん …