がんの効果

フコイダンと直接接触

投稿日:2007年5月25日 更新日:

フコイダンは、患部に直接、接触しないと効果は期待できないそうです。たとえば、大腸がんや胃がん、食道がん、咽頭癌、舌癌などは、フコイダンを直接的に患部に接触させることが可能なので効果は期待できるそうです。
しかし直接にフコイダンが、接触できない部位には、フコイダンが触れることはありません。研究段階ですが、フコイダンの分子を小さくして、超低分子化すれば吸収率が高まり、直接、フコイダンが患部を接触することも可能になります。フコイダンの分子が小さくなることによって、体内に浸透し血管を通り、患部にたどりつくことができます。
ある方の体験談によります、フコイダンの飲用により、病変部分が熱くなって、体温もあがってくることをいわれていました。このことは、フコイダンが、患部にも腫瘍にも到達しているということをものがたっています。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと直接接触 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと直接接触 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとAHCC

AHCCとは、Active(活性化)Hexose(六炭糖)Correlated(関連)Compound(化合物)の頭文字をとったものです。AHCCはシイタケ、シメジタケ、スエヒロタケ等々のキノコの担子 …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとガン

フコイダンは、モズクやワカメ、コンブなどの褐藻類などのヌルヌル成分のなかに含まれる多糖類をいいます。ヌルヌル成分のなかのアルギン酸には、コレステロール吸収抑制作用やラミニンの血圧降下作用があります。 …

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …

no image

フコイダンによる癌細胞初期休眠療法

フコイダンが、患部までたどり着いてくれさえすれば、あとは勝手にアポトーシスを引き起こしてくれますので、フコイダンがたどり着きやすい場所かどうかを確認します。腫瘍の大きさや、現在のガンのステージレベルに …