がんの効果

フコイダンとアポトーシス作用実例

投稿日:2007年5月26日 更新日:

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん細胞を自滅させたことの証明になると思います。
肺がんですから、消化器系のように、フコイダンが直接患部に接触していません。フコイダンは、直接患部に接触しなければ効果はないと思われていましたが、この症例の場合、フコイダンは直接、患部には接触はしていません。それなのにフコイダンを処方することにより腫瘍が小さくなったといえるわけです。
フコイダンを投与している間は、抗がん剤などのほかの治療はしていなかったそうです。しかし、それでも腫瘍マーカーの値が下がり、画像上で見ても、あきらかに腫瘍が小さくなっていたという結果がでたそうです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス作用実例 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス作用実例 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとアポトーシスとがん治療

第55回日本癌学界が1996年にありましたが、そのときの発表のフコイダンの抗ガン作用の研究報告で、フコイダンのアポトーシス(Apoptosis)誘導作用が化学者達に注目を浴びたそうです。がん治療といえ …

no image

フコイダンとD-フラクション

D-フラクションは、まいたけの中に含まれる成分です。β-グルカンは、ほとんどのキノコ類に含まれている多糖類ですが、β-グルカンを熱水抽出して、タンパク質と結合させたまいたけの有用成分がD-フラクション …

no image

フコイダンと肺ガン

有名な医学博士の吉田年宏先生が、実際に、最初にフコイダンを処方して、ガン細胞が改善された患者さんは肺ガンの方でした。肺ガンは消化器系ではありません。フコイダンは直接患部に触れなくても、効果があることを …

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

フコイダンとガン治療

アポトーシスが関係している病気には、ガン、ウイルス感染、エイズ、神経変性疾患、骨髄異形成疾患があります。エイズや神経変性疾患などはアポトーシスが増加することで起こります。 ガンやウイルス感染などはアポ …