がんの効果

フコイダンとアポトーシス作用実例

投稿日:2007年5月26日 更新日:

あるお医者さんの話によりますとフコイダンを処方して、改善された肺がんの患者さんがいらっしゃるということです。このかたの症状によると、フコイダンがよく吸収されて、患部にアポトーシス作用があらわれて、がん細胞を自滅させたことの証明になると思います。
肺がんですから、消化器系のように、フコイダンが直接患部に接触していません。フコイダンは、直接患部に接触しなければ効果はないと思われていましたが、この症例の場合、フコイダンは直接、患部には接触はしていません。それなのにフコイダンを処方することにより腫瘍が小さくなったといえるわけです。
フコイダンを投与している間は、抗がん剤などのほかの治療はしていなかったそうです。しかし、それでも腫瘍マーカーの値が下がり、画像上で見ても、あきらかに腫瘍が小さくなっていたという結果がでたそうです。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンとアポトーシス作用実例 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンとアポトーシス作用実例 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-がんの効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンとの接触治療

フコイダンは、直接的にガン細胞の患部に接触しないと効果がないといわれていました。喉頭癌、舌癌、食道癌、胃癌、大腸癌などの直接、フコダインが触れる部分においては効果があることが検証されています。 それで …

no image

β-D-グルカンと免疫活性

薬用キノコ類の、β-D-グルカンは、からだの免疫力を高めることで、間接的にガン細胞を攻撃しますが、フコイダンは、β-D-グルカンの免疫活性にプラスして、ガン細胞に直接働きかけます。 いわば、ガン細胞を …

no image

フコイダンと抗ガン剤

現在のガン治療法は手術や放射線、化学療法が中心となっています。この三大療法は免疫力をたいへん低下させています。私は病気の原因は生活習慣によるものだと思っています。しかし、直接の病気の引き金は免疫力の低 …

no image

フコイダンとアポトーシス誘導作用

フコイダンというと、アポトーシス誘導作用で有名です。アポトーシス誘導作用というのは、古い細胞がお役がすんだので、次の若い細胞へバトンタッチする為に自滅していくことをいいます。そうしながら、古い細胞は、 …

no image

フコイダンとアポトーシス

人間のからだは、60兆個の細胞で構成されています。60兆個の細胞は新陳代謝によって常に新しい細胞が作られ、古い細胞が死んでいきます。細胞が新しい細胞に入れ替わることで、60兆個の細胞が保たれています。 …