科学的効果

フコイダンと吸収率

投稿日:2007年5月28日 更新日:

体内の吸収率が悪ければ、たとえ良質のフコイダンを飲用したとしても、患部や腫瘍にフコイダンが届くことができないわけですから、飲用している意味がありません。患者さんのほとんどが、病気と戦うことで、体力は消耗しています。ですから、病院に入院されている方や、とりわけ胃腸の弱い方、高齢者の方には、吸収力の高まるようなフコイダンを飲用しないといけませんし、そういう飲み方をする必要があります。そのためには、フコイダンそのものを低分子化して、吸収力をいっそう高めることが重要だと考えるわけです。
フコイダンの分子量が大きいため、わずかな成分しか吸収されないのであれば、たとえフコイダンをたくさん飲用したとしても、吸収されただけの効果しかないわけです。また、効果を期待されない場合もたくさんあると思います。

このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - フコイダンと吸収率 この記事をクリップ!Livedoorクリップ - フコイダンと吸収率 Yahoo!ブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Googleブックマークに追加 FriendFeedで共有

-科学的効果

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フコイダンと硫酸化フコース

硫酸化フコース(L-フコース)が、2-0-硫酸化フコース、3-0-硫酸化フコース、4-0-硫酸化フコースの状態になり結びつき「3繰り返し単位」で連鎖し分子体になります。その分子量は数千~数百万、数千万 …

no image

フコイダンと硫酸基

フコイダン(fucoidan)と言う物質そのものは、100年近くも前に発見されていました。そのフコイダンの構造が多糖類として非常に複雑に絡み合い、分析する事が大変難しい存在だったのです。 何故難しいか …

no image

フコイダンと糖鎖の機能

糖鎖は、60兆もの細胞を統一して、一個の生命システム全体の為にきちんと機能していくのに欠かせないものです。そして、糖鎖は細胞についているばかりではなく、じつは体内の蛋白質にも存在しています。蛋白質とと …

no image

フコイダンと化学的構造

フコイダンはアポトーシスを持ち、がんに対して効果があるのではないかと、世界中の科学者に注目されています。その注目のフコイダンとはどんな成分で、どのような構造なのでしょうか。フコイダンは、モズクやコンブ …

no image

フコイダンの硫酸基結合

フコイダンの硫酸基の結合が13%以上という規格は何を意味しているのでしょうか。フコイダンとはフコース、ガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸、アルギン酸等々10個以上の単糖がたくさん集まっ …